トップページ > 治療例

治療例

治療例

症状別治療例

Sさん(40歳男性)…急性の腰の痛み

前日トレーニング中にバーベルを持ち上げた際に痛める。
合計3回来院、2回目の治療で腰を動かした時の痛みがなくなる。
3回目の治療で腰の違和感や重だるさもなくなる。
「今までにない早さで良くなった」と喜びの報告を頂きました。

Aさん(38歳女性)…長年続いている頭痛

仕事が忙しくなると症状が強くなり吐き気もする、ひどい時は痛み止めを飲んでいる。
合計6回通院、3回治療して薬を飲まなくてもいい状態に。
6回目でほぼ症状はなくなる。
現在は月に2回の予防で状態は安定している。

O君(13歳学生)…野球による肘の痛み

ピッチャーをやっていて、投げる時に肘の外側に痛みがでる。
5回通院、3回まで肘に電気治療と関節の調整を行い日常生活上は問題なくなる。
4回目で投球動作の再チェックを行い、5回目までに上半身のバランスも整えてから卒業。
部活後のアイシングを徹底指導している。

ページトップへ

 

 

症状別応答例

治療家 : 今日はどうしましたか?
クライアント : 昨日の夜から腰が痛くて寝返りが出来なく眠れませんでした。
治療家 : 昨日の仕事中は痛みがありましたか?
クライアント : 腰が少し張る程度でしたが、夕方頃から重だるさがありました。
治療家 : 前にも同じような症状がありましたか?
クライアント : ありましたが寝て起きれば治っていました。
治療家 : 今回はどうですか?
クライアント : 朝起きる時さらにひどくなっている感じでした。
治療家 : 昨日はお風呂に入って温めましたか?
クライアント : はい。お風呂に入ったほうが良いと思いしっかり温めました。
治療家 : お酒を飲む習慣はどうですか?
クライアント : はい。昨日も痛みが和らぐと思い、いつも通りに飲みました。
治療家 : そうですか、飲酒などで炎症をひどくしていましたよ。
クライアント : やはり、そうでしたか。ひどくなった理由がわかりました。
温めたりお酒を飲んだりしたことが症状を悪化させたのですね。
治療家 : 今回はその可能性がありますね。
クライアント : 今後はどうしたらいいですか?
治療家 : まず一人で自己判断しないで、私のような専門家にご相談下さい。
適切なアドバイスと治療をいたします。
今回はしっかりと関節と筋肉の調整を痛みなく行い自然治癒力を上げていきますね。
クライアント : わかりました。お任せします。
宜しくお願いします。

臨床カルテファイル

臨床カルテファイル

例えば腰痛についてはこのようにカルテを書いています。
その時や症状をできるだけ詳しく問診し、根本的な原因を注意深く調べて記載しています。

ページトップへ