トップページ > 初めてのハリ治療

初めてのハリ治療

初めてのハリ治療


「ハリ治療には興味はあるけれど実際どんな事をするの?」 「どんな効果があるの?」 「痛いのでは?」 「分からなくて不安です・・・」 という方のために当院のハリ治療について写真を使って流れをご説明します

消毒

  
       
      まずはハリ治療をする術者の手指の消毒を
       しっかり行い,衛生面の徹底を図ります。


使用する鍼(ハリ)



  使い捨てのハリ(ディスポ鍼)を全ての方に
  使用しています。
  ハリ自体が筒状のプラスティックのケースに
  入っている日本式のハリになります。
  治療目的や各個人の体質等を考慮して
  ハリの長さや太さを調節しています。
  また身体に直接ハリを刺さない刺激の少ない
  ハリ治療も行っていますのでご相談下さい。





  これは皮内鍼(ひないしん)といい約1ミリ
  ほどのシールタイプのハリです 。
  ハリの長さが一目でわかるように
  色別にしてあります。数日間、張ったままで
  大丈夫ですのでハリによる持続効果を
  期待できます。
  もちろん身体に優しい商品ですので
  安心・安全に使用することができます。



実際の施術

  


  まず身体の表面にあるツボの上に、
  ハリを立てます。
  筒の上から少し飛び出したハリの柄
  (シンペイ)を軽く叩いてハリを
  刺入していきます。
  この時プラスティックの筒のおかげでハリが
  刺さる感じはほとんどありませんので
  安心して下さい。








  筒を抜いてからハリの状態を整え、
  手を放します。
  このまま暫らく放置することにより、
  さらに血行を良くします。
  ハリの効果には様々あるのですが、
  鎮痛効果と身体の深い部分の
  コリを取り除く効果が主に期待できます。



電気鍼(パルス鍼)





  体に刺したハリにコードをつなぎ電気を流します。
  するとハリがピクピク動き刺激が伝わります。

  電気鍼をする目的として、痛みの強い場所に
  強刺激を与え痛みを取り除いたり、神経症状の
  強い患者さんに使用したりします。

  見かけ上のインパクトはありますが
  心地よい刺激があり皆さんに好評です





  以上で初めてハリ治療を受ける方、
  ご興味のある方への説明を終わります。
  この内容でも伝えきれないことが
  多くありますし、質問などございましたら
  お気軽にご相談下さい。

ページトップへ